妊娠 つわり 入院

妊娠3ヶ月から食事も水分も摂取出来ない状態が長期間続きました。

 

 

つわりなんてすぐに無くなるだろうと思い、食べれる物を食べたり氷を舐めたりしましたが、すぐに戻してしまい、布団でずっと横になってる状態が続きました。家族や旦那に家事を協力してもらったものの、何も出来ない状態でたくさんの迷惑をかけてしまいました。特に旦那には病院への送迎や医療費での迷惑をかけてしまって申し訳なく思ってました。実際、妊娠3ヶ月から妊娠5ヶ月までの長期間のつわりで入退院を3回繰り返し、脱水状態で1日5本の点滴を受けました。つわりが治るには気持ちの持ちようが1番大事なんですが、そんなことを考える時間もなく日々、嘔吐と戦う時間でした。何度も嘔吐をしていると頭痛も激しくなり、アイスノンや熱さまシートが毎日必要になりましたが、有るのと無いのでは全然違い、落ち着いて夜もぐっすり寝れるようになりました。でも、点滴をしてることによって不自由はありますが、母子共に元気に過ごすことが出来ているので安心です。

悪くなったら、かかりつけの産婦人科に連絡をして病院受診が1番です。

 

 

実践した解決方法は、出来るだけ水分補給をしながら外の空気を吸ったり日光を浴びたりしました。が、個人差があるようで私自身にはあまり効果がなかったような気がします。つわりの軽い妊婦の方にはオススメです。他には、音楽を聴いたり、テレビを見たりして気を紛らわせることもしました。音楽はオルゴールやクラシック、自分のお気に入りの曲を聴いたりしました。音楽を聴くことによって心を落ち着かせて別の事(例えば、どんな赤ちゃんが産まれてくるのかや名前はどんな漢字を使おうとか、家族が増えてしたいことなど)を考えるようにしていました。そうすることによって、イメージがたくさん広がり出産することの嬉しさを感じるようになります。テレビを見ることも同じような感じになるかもしれません。つわりの解決方法はネットで調べるとたくさんの情報が出てきますが、出てきた情報を実践しても良いですし、自分で考えた事や自分にあったものをしても良いと思いますので、慌てずゆっくりと試してみてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪