妊娠 つわり

ご飯を除く白い食べ物とお肉料理を見ると気持ち悪くなりました

 

 

妊娠が分ってから、急に始まりました。ご飯を除く白い食べ物(豆腐やうどんやそうめんなど)を見ると、気持ち悪くなり吐きました。さらにお腹が大きくなるとお肉料理を食べると気分が悪くなって吐くことも多くなりました。つわりなのかどうか判別がつかず、健診の時に主治医に相談したところ「それつわりだよ。ちょっとあなたの場合はレアなケースだと思うけど」と言われました。困ったのがお買い物で、うどんや豆腐を買いたいのに、見ると気持ち悪くなるし、食が細くなった時に、主人がそうめんを作ってくれて食べようとすると気持ち悪くなるしで辛かったです。ご飯はなぜか食べれたので、同じ白いものなのに、どうして豆腐やうどんはだめなのか、今でもよくわかりません。お肉料理も私は食べたいのに、体が受け付けようとせず、無理に食べると気持ち悪くなって吐いたり、ゲップがでて気持ち悪さが止まらない状態でした。つわりというと、妊娠初期の症状かと思っていたのですが、主治医に話を聞いてみると、つわり的な症状は人によっては出産まで続くと聞いて、出産まで買い物や食事が辛かったです。

とにかくダメなものは見ないようにして、肉料理も避けました。

 

 

気持ち悪くなるものを見ないようにしたり、肉料理を避けるようにしたのですが、主人のご飯のこともあるので、避けて通ることはできず、どうしても買わなければならない白い食べ物は、慌てて取って売り場から離れてお買い物をしました。肉料理については、やっぱり魚料理だけでは栄養が偏ると思い、気持ち悪くても食べるようにしました。鶏肉だったら大丈夫でしたので、湯引きにしてバンバンジーのようにして食べたら大丈夫でしたので、さっぱりした肉料理にしました。でも、体重制限があったので、肉料理を食べるとテキメンに体重が増えるのが私の体重増加の特徴のようで、そこはお味噌汁などの汁物に、野菜類を大量投入することで、調整しました。でも、それが体重管理に役に立ったようであまり体重についての注意を受けませんでした。後期になっても白いものはまったくダメで主治医にもう一度聞くと「うーん、つわりだと思うんだけど、どうも君の場合は、ホルモンの切り替えがうまくできないみたいだね。たぶん出産で胎盤が出ると消えると思う」と言われたまま、里帰り出産しました。そしたら、主治医が言っていた通り、出産をして胎盤が出て、病室に移ってから確信が持てました。その日の晩御飯は豚の生姜焼きで「看護婦さん、私食べられへん」と言ったら、「まぁ食べて」と言われて食べたら、大丈夫でした。はやり、胎盤が出てからホルモンの切り替えがきちんとできた証拠のようです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪